Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

サイデイングが剥がれた?剥がれの原因と修繕方法を紹介します!

お知らせborder

コラム

サイデイングが剥がれた?剥がれの原因と修繕方法を紹介します!
自宅は住む方の安心と安全の象徴であるからこそ、メンテナンスには注意が必要です。
特に外壁のサイディング剥がれは見た目の問題だけでなく、建物の構造にも影響を及ぼす可能性があるため軽視できません。
サイディング剥がれの原因を理解し、適切な対応を行うことで家屋の長期的な品質を保てます。
今回は、サイディング剥がれについて紹介するのでぜひ参考にしてください。


□サイディング剥がれの原因


サイディング剥がれには主に3つの原因があります。


*経年劣化


サイディングの経年劣化は避けられない現象です。
15〜20年の経過後、防水機能の低下が見られることが多く、水分の浸透を招きます。
外壁に湿り気やコケが見られたら、水分吸収の兆候かもしれません。
定期的な点検で、このようなサインに早期に気づくことが重要です。


*直貼り工法


サイディングの施工方法には、通気工法と直貼り工法があります。
直貼り工法は空気の通り道が少なく、湿気による剥がれが生じやすいです。
施工後10年以内に剥がれが発生した場合、直貼り工法が原因かもしれません。
湿気の問題を解消するためには、通気性を改善する措置が必要です。


*施工不良


施工直後の剥がれは、施工不良の可能性が高いです。
乾燥時間の不足や塗料の誤った選択が原因です。
この場合、専門家による診断と適切な再施工が求められます。




□剥がれに対する効果的な修繕方法


サイディング剥がれの修繕方法には、以下の3つがあります。

1:部分補修

剥がれが局所的な場合、パテやコーキング材での部分補修が有効です。
しかし、部分補修は一時的な解決策であり、根本的な問題解決には至りません。
状況に応じて、より根本的な修繕を検討することが重要です。

2:全面張り替え

広範囲にわたる剥がれや構造的な問題がある場合、全面的な張り替えが最適です。
費用がかかるものの、家屋の寿命を延ばして長期的な安心を得るための投資となり得ます。
被害の範囲が広い際には、検討してみてください。

3:カバー工法

別の材質でカバーする方法もあります。
カバー工法により外壁の見た目を一新し、防水性能を向上させられます。

しかし、費用と工事の規模を考慮する必要があります。


□まとめ


サイディング剥がれの原因を理解して適切な対策を講じることは、安心して生活するためにも欠かせません。
経年劣化、直貼り工法、施工不良が主な原因ですが、それぞれに応じた適切な修繕方法を選ぶことが重要です。
部分補修、全面張り替え、カバー工法は、それぞれの状況に応じた効果的な解決策です。
定期的なメンテナンスと専門家のアドバイスを通じて、ご自宅の健全な状態を保ちましょう。
お困りの方はお気軽に当社までご相談ください。