Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

屋根カバー工法で断熱効果は高められるのか?向上させるポイントも紹介!

お知らせ border

コラム

屋根カバー工法で断熱効果は高められるのか?向上させるポイントも紹介!
「屋根カバー工法で遮熱効果や断熱効果は高められるのかな」
現在、温暖化や在宅勤務の影響もあり、屋根の断熱性に関心がある方も多いでしょう。
本記事では屋根カバー工法の断熱効果について紹介します。
ぜひ参考にして下さい。

□屋根カバー工法で断熱効果は得られるの?


結論から言えば、屋根カバー工法で断熱効果は得られます。
そもそも、屋根カバー工法とは金属屋根に代表される新しい屋根材を、古いものの上に重ねて張る工法です。
古い屋根材が断熱効果をもたらすため、「屋根カバー工法で断熱効果が得られる」と言えます。
しかし、新たに重ねる屋根材には何を採用するかで、得られる効果は全く異なります。

夏の暑さを考えて屋根カバー工法をする場合は、断熱材入りの金属屋根を採用することがポイントです。
もともと、断熱材入りの金属屋根はスレートと比較して断熱効果が高い特徴があります。
そのため、カバー工法に頼らなくても、屋根材単体で断熱効果を高めてくれるでしょう。

□断熱性を向上させるポイントについて


屋根カバー工法によって断熱性能がもたらされることをお話しました。
それに加え、以下のポイントを押さえることで、より高い断熱性が期待できます。

1つ目は、断熱材が一体となった屋根材を選ぶことです。
カバー工法では、一般的にガルバリウム鋼板といわれる金属屋根が使われます。

これは鉄版に亜鉛とアルミとシリコンを付着させており、かなり高い耐久性があります。
しかし基本的に断熱性は高くありません。
そのため、最近ではガルバリウム鋼板と断熱材が一体となったものが開発されています。

2つ目は、明るい屋根を選ぶことです。
明るい屋根を選ぶことで屋根の遮熱性を高められます。
基本的に色は明るいほど遮熱効果が高まります。
明るい色は日光をあまり吸収せず反射するため、熱が発生しにくいのです。

一方で黒い色は光を吸収しやすく、表面温度が高くなりやすい特徴があります。
ただし、黒は目立ちにくい、劣化スピードが遅いといったメリットが多いのも事実です。
そのため、中には中間的な性質を持つ、グレーやブラウンを選択される方もいらっしゃいます。
色を選ぶ際は、屋根や塗料の性質に詳しい、業者に相談しましょう。

□まとめ


屋根カバー工法は、基本的に断熱性を高めてくれます。
また、屋根材を決める際は断熱材があるもの、適切な明るさのものを選ぶことで、断熱性をさらに高められます。
屋根塗装をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。