Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

メンテナンスのかからない外壁はあるの?手間を少なくする方法を紹介!

お知らせ border

コラム

メンテナンスのかからない外壁はあるの?手間を少なくする方法を紹介!
家の美観や機能性を維持するにはこまめにメンテナンスする必要があります。
しかし現在、メンテナンスフリーといわれる外壁が注目されています。
今回はメンテナンスフリー外壁について紹介します。
ぜひ参考にしてください。

□メンテナンスフリーの外壁について


メンテナンスフリー外壁とは、本当にメンテナンスのかからない外壁なのでしょうか。
まずは、なぜメンテナンスフリーと言われるのか解説します。

実はメンテナンスフリーとは、「全くメンテナンスが要らない」という意味ではありません。
一般的に戸建ての場合は、10~15年の期間で、必ず定期的に屋根や外壁の補修工事が必要となります。
メンテナンスフリーに決まった定義はありませんが、外壁塗装業界では修繕時期を延ばす素材や工法のことを指します。

修繕までの間隔を延ばせられれば、家の寿命までの期間に要するメンテナンス回数を少なくでき、手間や費用を抑えられます。
メンテナンスフリーと言われるものの代表はガルバリウム鋼板です。

□メンテナンス回数を減らす方法とは?


ここまででメンテナンスフリーの外壁を紹介してきましたが、実はご自宅の外壁材をメンテナンスフリーに近づけられます。
その方法の1つとして、耐候性の高い塗料を使用することがあります。

耐候性の高い塗料を使用すれば、メンテナンス頻度を減らせます。
具体的には通常の工事ではシリコン塗料が使われるケースが多いですが、これを耐候性の高い塗料にする工夫があります。
具体的に耐候性が高い塗料としては、フッ素塗料と無機塗料があります。

フッ素塗料とは、蛍石を原料としたフッ素樹脂を配合したもののことで、非粘着性や耐薬品性、低摩擦性、耐候性といった特徴があります。
炭素とフッ素の結合がとても強いため、紫外線による影響を受けにくくなっています。
日常品で使用されているものには、フライパンや調理器具があります。
また耐候性が高いことから、短期での塗替えが難しい大型建造物や商業施設にも使用されます。

無機塗料は、石やレンガ、ガラスといった炭素を含まない物質のことで、紫外線で劣化せず半永久的に耐久します。
しかし、無機成分だけだと硬すぎて塗装ができないため、合成樹脂などの有機物を混ぜて作られるのが無機塗料です。
これはフッ素塗料を超える高い耐候性をもつ塗料として人気です。

□まとめ


どのような高性能な外壁や塗料でも、家が建っている場所や環境により早く劣化してしまうことがあります。
そういった場合は早めにメンテナンスをすることで、被害を小さくでき総費用を抑えることに繋がります。
外壁のメンテナンスをお考えの方はお気軽に当社までご相談ください。