Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

屋根塗装の前に高圧洗浄が必要な訳や使用時の注意点を解説!

お知らせ border

コラム

屋根塗装の前に高圧洗浄が必要な訳や使用時の注意点を解説!
「汚れを落とすだけなら高圧洗浄を省いても良いのではないか」
高圧洗浄は水しぶきもかなり飛ぶため、飛沫防止シートで工夫しなければいけないケースもあります。
しかし、そこまでしてする必要はあるのかと疑問を持つ方も多いでしょう。
そこで今回は、高圧洗浄の必要性や使用時の注意点を紹介します。

□高圧洗浄の必要性について


実は屋根塗装では高圧洗浄が必要です。
では、そもそもなぜ屋根塗装をする際に高圧洗浄が必要なのでしょうか。
それは、見た目が悪くなったり、不具合が起こったりしないようにするためです。

例えば、屋根材にホコリやカビ、コケ、藻、剥がれかけた塗膜がついた状態で新しい塗料を塗り重ねてしまったとしましょう。
その場合、仕上がりが悪くなったり施工後に不具合が発生したりといった問題が起こります。

そういった問題を防ぐために、高圧洗浄を使い、屋根材についた汚れやチョーキングなどをしっかり取り除く必要があります。
そうすることで、仕上がりが美しくなり屋根材と塗料の密着性も高められ、結果的により質の良い仕上がりとなります。

□高圧洗浄使用時の注意点について


高圧洗浄は塗装の仕上がりを左右する大切な工程であることを説明しました。
最後に高圧洗浄を使用する際に気を付けて頂きたいポイントを3つ紹介します。

1つ目は、屋根の耐久性が劣化することです。
高圧洗浄では削り落とすことで汚れや古い塗料を除去します。
しかし、一方で中の基材が露出するまでに削られた場合は、当然ダメージを受けてしまいます。

2つ目は、屋根を破損する可能性があることです。
経年劣化した屋根は人が乗っただけでも不具合が生じることがあります。
そのため、場合によっては高圧洗浄中に水圧で割れることも考えられます。

3つ目は、雨漏りの原因になる可能性があることです。
水圧により屋根の下葺き材を破ってしまうと雨が漏れてしまいます。
業務用の高圧洗浄機はかなりの水を必要としますが、それが屋根の間に侵入すれば雨漏りが発生する可能性もあります。

また、屋根塗装工事の1年後に屋根から雨漏りが発生するケースがあります。
これは塗装の塗膜で雨水の外へ出す通路が塞がれ、屋根材の下部に水が溜まり漏水するケースです。

□まとめ


高圧洗浄は必要な工程ですが、中にはプロに任せず自分でやろうと考える方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、それは絶対に避けましょう。
屋根に上がること自体が危険ですが、水を使う作業となると、危険度は各段に高くなります。
安全に安心して行うためにも、屋根塗装はぜひ当社のようなプロに任せてください。