Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

外壁塗装に使われる塗料の種類と選び方を解説します!

お知らせ border

コラム

外壁塗装に使われる塗料の種類と選び方を解説します!
外壁塗装に使われる塗料の種類と選び方を解説します!
外壁塗装を考えているが、どの塗料を選べば良いかわからないという方は少なくないでしょう。
外壁塗装はそう何度も行うものではないため、判断が難しいのも仕方ありません。
そこで今回は、よく使用される塗料や選び方のポイントについてお伝えします。
ぜひ参考にしてみてください。

□外壁塗装に使われる塗料にはどのようなものがある?

外壁塗装に使われる塗料としては、6つが挙げられます。

1つ目は、ウレタン塗料です。
こちらはシリコン塗料が普及する前によく使われていた塗料です。
安価で施工しやすいのがメリットですが、耐久性や防汚性は少し劣ります。

2つ目は、シリコン塗料です。
こちらは、近年最も使われることの多い塗料です。
価格と耐久性のバランスが良く、コストパフォーマンスが高いです。
一方で、塗膜の伸び縮みが少なく、ひび割れが起こりやすいのが難点です。

3つ目は、特殊塗料です。
以下で紹介する「防水塗料」「フッ素塗料」「無機塗料」はこの特殊塗料の一種です。
特殊な機能や特徴を持った塗料です。

4つ目は、防水塗料です。
アクリルを原料とする塗料で、高耐久性とヒビ割れに追従する特性によって水の浸入を防ぎます。

5つ目は、フッ素塗料です。
フッ素塗料は耐久性と防汚性が非常に高く、長持ちします。
ただし、汚れだけでなく塗料も弾くため、塗替え時には注意が必要です。

6つ目は、無機塗料です。
無機塗料は最も耐久性が高く、美観性にも優れています。
ただし、ヒビ割れに弱いという弱点もあります。

□塗料の選び方のポイントは?

塗料選びのポイントとしてはまず、「耐久年数と相場価格から考える」ことが重要です。
耐久年数と相場価格は塗料によって異なるため、比較において重要なポイントとなります。
コストと性能のバランスを見て、最も良いと思えるものを選びましょう。

遮熱性や防水性などの機能面にこだわることも大切です。
こうした機能を持った塗料はコストが高くなりますが、家がより長持ちするなど、それだけ恩恵も大きいです。
費用を考慮して、余裕があれば機能面にもこだわってみてください。

また、迷ったらシリコン塗料にするのもアリでしょう。
最もスタンダードな塗料であるため、「失敗した」と感じるリスクは小さいです。

□まとめ

今回は、外壁塗装に使われる塗料の種類と、選び方のポイントについて解説しました。
塗料の種類はさまざまで、それぞれ異なる特徴を持っています。
どの塗料が最も良いかは一概に言えないため、ご自分の求める性能や予算に合ったものを選びましょう。